CrossroadOrangeをフォローしましょう 日々クロスロード 日記
fc2ブログ
日々クロスロード
湘南、茅ケ崎にある雑貨店クロスロードの日々のニュースをお届けするブログです
202111<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202201
琵琶湖疏水マニア
明治時代に作られた水路、琵琶湖疏水にハマっています。
琵琶湖から京都までトンネルの掘削も含め全て人力で水路を通したというのはすごいことだと思います。

南禅寺の中を横切る疏水、水路閣。


レンガ造りでとても趣きがありますね。


水路閣の上に登るとこんな風に水が流れてるのを見ることができます。
水路による船運や灌漑、そして日本最初の水力発電など明治以降の京都の発展を支えてきたのが琵琶湖疎水なのです。


今回は毘沙門堂に行った時に中流域の山科疏水もチェックしました。
機会があったら疏水をクルーズする疏水船にも乗ってみたいものです。

クロスロードのホームページはこちらから 

クロスロードFacebookページ

クロスロードTwitter


クロスロードWebショップはこちらから
晩秋の酔芙蓉
今朝、酔芙蓉が開花してました。

あっという間に12月になってしまいましたがたぶん今年最後の開花。
随分と長いこと楽しませてくれました。

クロスロードのホームページはこちらから 

クロスロードFacebookページ

クロスロードTwitter


クロスロードWebショップはこちらから
京都へ
京都へ行ってきました。
紅葉もほぼタイミングが合い何処へ行っても楽しめました。




伏見の十石舟。
船頭さんの解説で水路による船運が京都の繁栄を支えていたことを実感。
この川にも流れ込んでいますが琵琶湖疏水という明治以降に人工的に作られた水路にも最近ハマっています。




醍醐寺


豊臣秀吉が盛大に花見をやったところというくらいの知識しかありませんでしたが、、
なんと弘法大師ゆかりのお寺だったのですね。


京セラ美術館 
明治に建てられたのを大々的にリノベーションしレトロとモダンが融合したスタイリッシュな美術館に生まれ変わったところです。

ちょうど明治以降に建てられ現存する京都のモダン建築をテーマにした展示が行われていて大変興味深かったです。
古い建築物を維持することは手間もお金もかかることではありますがこういう貴重な建物は出来る限り残してほしいものですね。

京都、色々と興味深くサラッと観光出来なくてついつい勉強っぽくなってしまうのですが楽しいです。

クロスロードのホームページはこちらから 

クロスロードFacebookページ

クロスロードTwitter


クロスロードWebショップはこちらから


カリンバと一輪挿し
最近は毎日お天気が良いのでウッドデッキで過ごす時間が多いです。
若干寒いけど蚊もいないし。
ストーブを点けてイイ感じ。

写真撮ってみたりして。
先日のデザインフェスタ出店でお隣のブースだった陶芸家さんから買った一輪挿しと自作カリンバ。
イイ感じです。


営業カレンダー (実店舗のオープン日とイベント出店のスケジュール)

クロスロードのホームページはこちらから 

クロスロードFacebookページ

クロスロードTwitter


クロスロードWebショップはこちらから
旅行したい
新型コロナもかなり落ち着いてきてちょっと一息、まあこれからもっと寒くなってくればどうなるかわからないというのもありますが。
ちょっと旅行にでも出かけたい気分です。

コロナ禍になる前はいつもこの時期はバリ島に向かう準備を始めてたのでした。
仕事がらみとはいえ年末年始はバリ島で過ごすのが20年近く恒例になっていてて良い気分転換になってました。
また行けるようになるのはいつの日になるのか、、

やはり10数年恒例だった音楽フェスをはじめとするイベントへの出店もイベントの自粛で全くなくなりライフスタイル的にはコロナ禍ですごく影響を受けたと言えます。

この冬をあまり酷いことにならずに乗り切ればコロナも収束となる気もしますが欧米諸国やお隣の韓国なんかは最近すごい勢いで感染拡大してるし、、
うーん、日本だけ収束してもなー、というのもありますね。
鎖国なんか出来ないし。

ま、あれこれ考えててもしょうがないので引き続き感染予防対策しながら前向きに生きていきたいですね。
とりあえずは小旅行に出かけたいです。


営業カレンダー (実店舗のオープン日とイベント出店のスケジュール)

クロスロードのホームページはこちらから 

クロスロードFacebookページ

クロスロードTwitter


クロスロードWebショップはこちらから
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.